2018年の新春を心よりお慶び申し上げます。
 平素より私の政治活動に温かいご理解とご支援を賜り、大変に有難うございます。とりわけ昨年秋の衆議院総選挙では、ひとかたならぬ献身的なご支援をいただき、改めて心より御礼申し上げます。

 10月22日の政権選択選挙=衆院総選挙では、自公連立与党として過半数を大きく超える313議席を獲得し、安倍連立内閣は信任を得ました。しかしながら公明党は小選挙区で1議席を失い、比例区も21議席に留まり、合計29議席と残念な結果に終わりました。一ヶ月に満たない超短期の選挙戦の中、昼夜を分かたぬ献身的なご支援をしていただいた皆様に心から御礼を申し上げるとともに、期待に沿う結果を出し切れなかったことを衷心よりお詫び申し上げます。

 公明党は、11月10日に全国県代表協議会を開催し、どんな状況にあっても勝ち抜いていける強靭な党組織の再構築をすること、教育負担の軽減など衆院選重点政策の実現に全力を挙げることを誓い合い、決意新たに出発をしました。当面の目標を2019年春の統一地方選挙の連続勝利と夏の参議院選挙の大勝利に定め、活動を展開してまいる所存です。

 衆院選後に召集された特別国会では、重点政策の実現に向けた論戦を展開、私も衆院本会議の代表質問に立ちました。並行して進められた税制改正と予算編成にも精力的に取り組み、公明党らしい成果を勝ち取ることができました。本年2018年は内政外交とも、わが国にとって正念場。経済再生や安定した社会保障の構築、外交・安全保障等、ご期待にお応えできるよう全力で取り組む決意です。
 皆様方お一人お一人のこれまでにも増すご支援を心よりお願い申し上げます。

平成30年1月1日








ご意見・お問い合わせ

ご意見・ご感想がありましたらこちらよりお寄せ下さい。

編集・制作/公明党衆議院比例区東北第1総支部
Copyright©2000-2015 井上義久事務所 All Rights Reserved.